ザイオンス効果とは?マーケティングにおける効果的な活用方法

公開日:2024/02/08
ザイオンス効果とは?マーケティングにおける効果的な活用方法

最初のうちは興味がなかったことでも、繰り返し接していくうちに興味をもつようになる現象をザイオンス効果といいます。ザイオンス効果は、マーケティングにおいても活用することが可能です。この記事では、ザイオンス効果の詳しい内容やマーケティングへの効果的な活用方法、注意点について詳しく紹介していきます。

ザイオンス効果とは

ザイオンス効果とは、最初のうちは興味がなかった物や人に対し、何度も繰り返し触れ合っていくうちに、興味がわいたり気になるようになったりする現象のことをいいます。ザイオンス効果の対象は、対人関係や音楽、ファッション、味、においなど、さまざまなものに対して効果があるといわれています。ザイオンス効果は、心理学者のロバート・ザイオンス氏が実験を行ったことから、ザイオンス効果と呼ばれるようになりました。

実験の内容

ザイオンス氏が論文の中で行った実験は、大学生を被験者にした単純なものです。被験者に繰り返し写真を見せ、それぞれの写真にどのような印象を抱くかどうかを実験しました。実験の結果、写真を見せた回数が多いものに対して、より好感をもつ傾向がありました。見る回数が多ければ多いほど、強い印象を与えるのでしょう。

効果を発揮するタイミング

ザイオンス効果は、常に効果を発揮できるわけではありません。嫌いという感情をもっているときは、何度も見るとさらに嫌いという感情を増幅させてしまいます。そのため、好意形成の前にのみ有効であり、より効果が発揮できるでしょう。

ザイオンス効果のビジネスとマーケティングへの応用

ザイオンス効果は、ビジネスやマーケティングへの応用もできます。ザイオンス効果は、繰り返しユーザーに接触させるシンプルな方法ですが、よい印象を安易に与えられるため、ビジネスやマーケティングに必要不可欠です。実際にどのような場面で効果が発揮されるのか、詳しく見ていきましょう。

信頼を得てから営業する

営業担当者は、商品を売るために客先に行きますが、いきなり売り込みを始めることはほとんどないでしょう。雑談することから始め、信頼を得ることに専念します。そして、十分な信頼を得られてから売り込みを始めます。営業担当者によい印象をもっていれば、商品に対しても同様の印象を与えられる可能性が高いでしょう。

何度も目にする広告

インターネットを利用していると、自分に興味のある広告を目にすることが多いでしょう。これは、検索ワードや閲覧ページなどの履歴をもとに、好みに合う商品を紹介するしくみです。人は何度も同じ商品の広告を目にするうちに、徐々に興味をもつようになります。好感をもつようになると、商品の情報を知るために広告をクリックします。

プッシュ通知で興味をもつ

ザイオンス効果は、スマートフォンのアプリでも応用できます。ほとんどのアプリにプッシュ通知機能があります。プッシュ通知は、新着メッセージがあることや、ゲームがプレイできるようになったことを知らせてくれる便利な機能です。企業はプッシュ通知でお得なキャンペーン情報やイベント情報を配信することが可能なので、利用者の興味をひく情報を配信することで、アプリに対してよい印象を与えられるでしょう。

ザイオンス効果活用の注意点

ザイオンス効果を活用する際は、正しく応用しなければ、悪い印象を与えてしまう恐れがあります。ザイオンス効果活用の注意点を紹介しますので、理解しておきましょう。

悪いイメージを強化させないように注意

ザイオンス効果とは、接触する回数が多いほど印象が強くなるということです。そのため、第一印象が悪い場合にはその印象を強くしてしまうため、注意しなくてはいけません。もし悪い印象をもたれている場合には、一度関係性などをリセットしてから活用する必要があります。

回数や情報量は増やしすぎない

接触する回数や情報量を増やしすぎてしまうと、ザイオンス効果が逆効果になってしまう可能性があります。とくにメールマガジンやステップメールを活用する際に気をつけなくてはいけません。すべて読むのに時間がかかってしまうと、負担に感じるようになり悪い印象を与えてしまいます。メールマガジンやステップメールを活用する際には、読み切れる量にし、適度な回数に設定するようにしましょう。

接触する期間に注意

接触する期間にも注意することが重要です。信頼関係を築き購買意欲を高めてもらうためには、繰り返し接触しなくてはいけません。インターネット広告やSNS投稿などの場合、1週間に1度程度では十分な効果は得られないでしょう。ユーザーの反応を見ながら、不快感を与えないような期間を設定する必要があります。また、より効果的にするためには、長期的に用いるのではなく短期間で接触回数を重ねた方が望ましいでしょう。

まとめ

ザイオンス効果について詳しく紹介しました。ザイオンス効果は、接触する回数を増やすことで、相手によい印象を与えられます。人に対してだけでなく商品やサービスにも当てはまることなので、ビジネスやマーケティングに応用する企業も増えています。

ただし、商品やサービスによって効果を発揮できる方法は異なるため、必要に応じた活用方法を考えなくてはいけません。活用方法を間違えてしまうと逆効果になる恐れもあるため、注意点を理解することが重要です。

こんなシステムを探していませんか?
初期コストを抑えたい
操作が簡単な管理サイトがいい
配信速度の速いサービスがいい
RichFlyerなら解決できます!
  • 導入費0円・月1万円から利用できる
  • 誰にでも使いやすい管理サイト
  • 300万通/分の高速配信を実現
公式サイトはこちら

おすすめのプッシュ通知サービス比較表

イメージ
引用元:https://richflyer.net/

引用元:https://growthpush.com/

引用元:https://webpush.jp/

引用元:https://push7.jp/

引用元:https://www.app-visor.com/

引用元:https://core-asp.com/

引用元:https://repro.io/products/appmarketing/push/
会社名RichFlyer(リッチフライヤー)Growth Push(グロウスプッシュ)PUSH ONE(プッシュワン)Push7(プッシュ7)appvisor push(アップバイザープッシュ)CORE PUSH(コアプッシュ)Repro(リプロ)
特徴300万通/分の高速配信を実現!管理サイトが使いやすくて便利!通知速度150万通/分!10分で簡単に導入することができる!手厚いサポート体制が整っている!業界に先駆けた自動セグメント配信!わずか3分で導入が完了する!顧客のフェーズに合わせてメッセージを送信!配信・運用・分析をワンストップで提供!カスタマイズにも積極対応!端末数100台まで無料!「開発者に優しい導入機能」完備でサポート体制も充実業界最高水準の大規模・高速プッシュ配信基盤を持つ!セグメント機能が豊富!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
PR初期0円・月1万円で始めやすい!豊富な機能が魅力のプッシュ通知サービス