Webプッシュ通知とWeb接客の違いとは?

公開日:2024/07/04
Webプッシュ通知とWeb接客の違いとは?

現代のデジタルマーケティングにおいて、Webプッシュ通知とWeb接客は顧客との重要なコミュニケーション手段です。しかし、これらの手法にはそれぞれ独自の特徴と活用法があります。

本記事では、Webプッシュ通知とWeb接客の違いについて詳しく解説し、それぞれのメリットや活用シーンを比較しながら、どのように効果的に使い分けるかをご紹介します。

Webプッシュ通知とは?

Webプッシュ通知とは、Webサイトがユーザーのブラウザに直接通知を送信する仕組みです。この通知は、ユーザーがそのWebサイトを閲覧していないときでも表示され、デスクトップやモバイルデバイスの画面上にポップアップとして表示されます。

ユーザーは事前に通知の受信を許可する必要がありますが、一度許可するとリアルタイムでの情報提供が可能になります。具体的には、セール情報、ブログの更新、新商品のお知らせなど、さまざまな内容を通知できるのです。

また、個別のユーザーの行動や興味にもとづいてパーソナライズされたメッセージを送ることができ、エンゲージメントの向上にもつながります。Webプッシュ通知はユーザーの関心を惹きつけ、リピート訪問をうながす強力なツールです。

Web接客とは?

Web接客とは、オンライン上で訪問者とリアルタイムで対話し、個別のニーズに応じたサポートや情報提供を行うシステムです。具体的には、Webサイト上でチャットボットやライブチャットを利用して、ユーザーの質問に即座に回答したり、商品やサービスの案内を行ったりします。

また、ポップアップメッセージやカスタマイズされたおすすめコンテンツを表示することも可能です。Web接客の主なメリットは、ユーザー体験の向上と顧客エンゲージメントの強化です

ユーザーは疑問や問題をすぐに解決できるため、サイト内での滞在時間が長くなり、離脱率が低下します。さらに、個々のユーザーの行動データをもとにパーソナライズされた対応が可能となり、より効果的なマーケティングが実現できます。

Web接客は、ユーザーの満足度を高め、長期的な顧客関係を築くための強力な手段です。

Webプッシュ通知とWeb接客の違い

Webプッシュ通知とWeb接客は、どちらもユーザーエンゲージメントを向上させるためのツールですが、目的とアプローチが異なります。Webプッシュ通知は、ブラウザを通じてユーザーに直接メッセージを送信し、リアルタイムで情報を届ける手段です

たとえば、新商品のお知らせやプロモーション情報、リマインダーなどを提供することで、ユーザーの関心を引き続けることができます。一方でWeb接客は、ユーザーがサイトを訪れた際に、チャットボットやパーソナライズされた提案を通じて、インタラクティブなサポートを提供する手段です。

ユーザーの行動や履歴を分析し、最適なタイミングで適切なサポートやおすすめを行うことで、ユーザーの体験を向上させ、コンバージョン率を高めます。つまり、Webプッシュ通知はユーザーをサイトに引き戻す役割を果たし、Web接客はサイト内でのユーザー体験を向上させる役割を担うのです

このように、両者は異なるアプローチでユーザーエンゲージメントを強化するための補完的なツールといえます。

Webプッシュ通知の特徴とメリット

Webプッシュ通知は、リアルタイム性や高い到達率などさまざまなメリットがあります。

リアルタイム性

Webプッシュ通知のリアルタイム性とは、通知が即座にユーザーに届くことを指しています。これは、ユーザーがWebサイトを閲覧していない状態でも、デスクトップやモバイルデバイスの画面上に瞬時にポップアップとして表示されるのです。

リアルタイム性は、Webプッシュ通知の大きな特徴であり、ほかのコミュニケーション手段にはない、すぐれた特徴です。リアルタイム性により、ユーザーは必要な情報を迅速に受け取ることができるため、行動をうながすことが可能になります。

高い到達率

Webプッシュ通知は、インターネットブラウザを通じてユーザーに直接メッセージを送信できる技術です。その最大の特徴は、高い到達率です。

メールやSNSの通知と異なり、ユーザーがブラウザを開いている限り、すぐに画面上に表示されます。このリアルタイム性により、重要な情報やプロモーションを確実に届けることが可能です

パーソナライゼーション

Webプッシュ通知の大きな特徴は、パーソナライゼーションの能力です。ユーザーのブラウジング履歴や行動パターンを分析し、個々のユーザーに最適化された通知を送信できます。これにより、ユーザーは自身の興味や関心に合った情報をタイムリーに受け取ることができ、エンゲージメントが向上するのです。

たとえば、過去に訪れた商品の価格変更や関連する新商品情報を通知することで、ユーザーの購買意欲をうながす効果があります

Web接客の特徴とメリット

Web接客の特徴とメリットは、ユーザー体験やコンバージョン率の向上や満足度などさまざまです。

ユーザー体験の向上

Web接客の大きな特徴は、ユーザー体験の向上にあります。リアルタイムでユーザーの行動を分析し、最適なタイミングで適切なサポートや提案を提供することで、ユーザーはストレスなく目的を達成できます。

たとえば、チャットボットやAIアシスタントが瞬時に質問に答えたり、個々のユーザーに合った商品をおすすめしたりすることで、サイト利用が快適になるというのが主な特徴です

顧客エンゲージメントの強化

Web接客は、顧客エンゲージメントを強化するための有力な手段です。リアルタイムでユーザーとコミュニケーションを図ることで、お客様との接点を増やし、信頼関係を構築できることがメリットです。

たとえば、チャットボットが即座に質問に答えたり、パーソナライズされた商品をおすすめしてくれたりすることで、ユーザーはサイトに対する親しみや信頼感を高めます。さらに、特別なプロモーションや限定オファーをタイムリーに提供することで、ユーザーの関心やリピート訪問、購入をうながすのです

コンバージョン率の向上

Web接客は、コンバージョン率の向上に大きく影響します。リアルタイムでユーザーの行動を分析し、最適なタイミングでパーソナライズされた提案やサポートを提供することで、購入や問い合わせなどの行動をうながします。

たとえば、チャットボットがすぐに商品に関する質問に答えたり、個々のユーザーに最適な商品をおすすめしたりすることで、購入意欲を高めてくれます。また、ポップアップメッセージや特別オファーを表示することで、ユーザーが離脱する前にアクションを起こさせることが可能です

どちらを選ぶべきか?適切な選択のためのポイント

Webプッシュ通知とWeb接客のそれぞれの特徴を踏まえたうえで、どちらを選択すればよいのか解説します。

ビジネスの目的とターゲット

ビジネスの目的とターゲットに応じて、Webプッシュ通知とWeb接客のどちらを選ぶかが決まります。もしも、離脱したユーザーを再訪問させたり、キャンペーン情報を広く迅速に届けたりする場合は、Webプッシュ通知が効果的です。

一方で、Web接客はサイト訪問中のユーザー体験を向上させたい場合に適しています。リアルタイムのサポートやパーソナライズされた提案により、コンバージョン率を高め、ユーザーの満足度を向上させることができます

つまり、広範囲のユーザーにリーチしたいならWebプッシュ通知、訪問中のユーザーのエンゲージメントを強化したいならWeb接客を選ぶとよいでしょう。

リソースと運用体制

Webプッシュ通知は、設定が比較的簡単で、自動化されたメッセージ送信により運用コストが低いのが特徴です。少ないリソースで広範囲のユーザーにアプローチしたい場合に適しています。

一方で、Web接客はユーザーのリアルタイムなサポートやパーソナライズされた対応が求められるため、より高度な運用体制と人的リソースが必要です。たとえば、チャットボットの設置やAIの導入には多くのリソースが求められます

そのため、リソースが限られている場合はWebプッシュ通知、運用体制が整っている場合はWeb接客が適しています。

まとめ

Webプッシュ通知とWeb接客は、それぞれ異なる目的と方法でユーザーとのコミュニケーションを強化しているのが特徴です。瞬間的な情報伝達にすぐれたWebプッシュ通知と、継続的な対話を可能にするWeb接客の違いを理解し、適切に活用することで、マーケティング戦略の幅が広がります。

両者の特徴を理解し、ビジネスの目的やリソースに応じた最適な選択が、顧客エンゲージメントとコンバージョン率の向上につながるでしょう。

こんなシステムを探していませんか?
初期コストを抑えたい
操作が簡単な管理サイトがいい
配信速度の速いサービスがいい
RichFlyerなら解決できます!
  • 導入費0円・月1万円から利用できる
  • 誰にでも使いやすい管理サイト
  • 300万通/分の高速配信を実現
公式サイトはこちら

おすすめのプッシュ通知サービス比較表

イメージ
引用元:https://richflyer.net/

引用元:https://growthpush.com/

引用元:https://webpush.jp/

引用元:https://push7.jp/

引用元:https://www.app-visor.com/

引用元:https://core-asp.com/

引用元:https://repro.io/products/appmarketing/push/
会社名RichFlyer(リッチフライヤー)Growth Push(グロウスプッシュ)PUSH ONE(プッシュワン)Push7(プッシュ7)appvisor push(アップバイザープッシュ)CORE PUSH(コアプッシュ)Repro(リプロ)
特徴300万通/分の高速配信を実現!管理サイトが使いやすくて便利!通知速度150万通/分!10分で簡単に導入することができる!手厚いサポート体制が整っている!業界に先駆けた自動セグメント配信!わずか3分で導入が完了する!顧客のフェーズに合わせてメッセージを送信!配信・運用・分析をワンストップで提供!カスタマイズにも積極対応!端末数100台まで無料!「開発者に優しい導入機能」完備でサポート体制も充実業界最高水準の大規模・高速プッシュ配信基盤を持つ!セグメント機能が豊富!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

PR初期0円・月1万円で始めやすい!豊富な機能が魅力のプッシュ通知サービス